2018年04月11日

副業の時間

今、仮想通貨に乗って、人生一発逆転狙いませんか的な話題で持ち切りのインターネットビジネス業界。

今、ICOで◯◯コインっていう仮想通貨を買っておくと、上場後に大化けして簡単に億り人になれますよ・・・なんて言っている人達の大半が、ほんの1年まえまで他の情報を売っていました。

そういた人達が、今度は仮想通貨がトレンドだと考えて仕掛けをしていたとしたら?

その人達からすれば、ICOで上場するかしないかなんて、たいした問題ではないのです。

なぜなら、最後にはかならず投資は自己責任でというセリフを言うし、仮に上場しなかったとしても、仮想通貨はもともとそういう世界ですからで済ませてしまえるからです。

実際に上場して、爆上げするコインも間違いなく有るのですが、その陰で上場すらはたせずに、屑コインとして日の目を見ることも無く終わるコインの数が、何百何千種類と有ることも覚えておくべきです。

彼らに取って、情報は商品なわけですから、自分が押している通貨が、予想通り上場して爆上げをしたらしたらで、ほらね、言った通りでしょwwwと胸をはるし、大儲けした証拠とともに、大御所気取りに威張ることが出来る訳です。

逆に、どうにもならなくても、さっき言った通りの言い訳で逃れて、さあ次のコインの情報ですよと流して行くのが目に見えています。

この人達はいったい何をやっているのでしょうか?

それは、言葉巧みに仮想通貨の情報をいかに沢山売ろうかと考えているということなのです。

いいですか?

この人を信用して、その人からの情報を手に入れようと、20万円、30万円なんて払ってしまう人を1000人集めたらどうなるか考えてみてください。

仮に、その人の情報が20万円だったとして、20万円×1000人=2億円が懐に入る計算が立つのです。

諸々の経費を考えても、その半分でも1億円手にしたことになるのです。

◯◯コインが上場しなくても、その人は億のお金を手にすることが出来てしまうのですから、どちらでも結果はオーライ的な図式が始めから出来上がっているのです。

だからこそ、仮想通貨情報については、その情報を提供しようとしている人を、しっかり見極めなければならないということは覚えておきましょう。

bsNAT85_yashitoaoiumi.jpg


本題

先日から、たかだか5000円儲げたなんて、ちっぽけな話を続けているのですが、情報商材を購入したり、稼ぐことに特化したしたセミナーに参加したことが有る人にはピント来る話です。

あなたは、毎月幾ら稼ぎたいですか?

このような質問をされて答えたことが有りませんか?

この問いに1人で考えている時は、本業以外に、月に10万円、20万円有ったらうれしいなぁ〜などと遠慮がちに考えている人達も、周りが50万円、100万円だと言っているのを見聞きしているうちに

最低月収100万円は欲しいです!
そして、今の仕事を辞めたいです!

なんて思って、手を挙げた経験有りませんか?

私はそうでしたwww

過去に幾つものMLMに手を出し、幾つもの情報商材を買う切っ掛けとなってしまったその問に、もともと億万長者になりたいなんて夢は見ていたし、漠然と月収100万円への憧れもあったから、その雰囲気に飲み込まれやすかったのは事実です。

しかし、実際に参加してみてどうなったのか・・・

自分が手にした結果はどうだったのか・・・

私は、月収5000円の壁を打ち破れなかったのです。

MLMで、たまたま数万円を稼げたことは有りますが、電車賃やら、お茶代やら、セミナー参加費資料代毎月の課金代なんかの費用を考えると、費用対効果はメチャメチャ悪く、月に5000円も残ったかどうかもわかりませんでした。

こんなことなら、マジメにアルバイトでもした方が余程稼げるんじゃないかとも思えるのです。

ここで、副業の時間

まず、話の前提として、会社勤めをしていて、生活費はそれで賄えるとして・・・

副業を考える時は、それに満足いっていないからですよね。

それは、日々の生活を少しでも豊かにする為だったり、旅行費を捻出する為だったり、ブランドものに限らず欲しいものを手に入れる為だったりと、理由は色々有ります。

では、アルバイトを考えた場合。

本業で、まったく残業が無い仕事をしている人で、通勤時間が片道1時間以内、土曜も休日の完全週休2日制なんて理想的な仕事をしている人は、アルバイトでも十分に月10万円を稼ぐことは出来るでしょうが、そうではない人は?

例えば、通勤時間1時間オーバー、毎日残業2時間ぐらい、土曜休みなんてモノは無いなんて人だったら?

起床して家を出るまでに1時間。

もっと短い人も当然いるでしょうが、朝食をしっかり取ったり、身支度にそれなりに時間を取られることを考えた場合には1時間程度はざらに掛かるんじゃないかと思います。

通勤時間は片道1時間で区切ったとして・・・

仕事をしている時間帯の内、2時間の残業を想定すると、昼休憩を含めると11時間。

会社を出てから、夕食や入浴の時間を、かなり短いですが、1時間と仮定して

ここまでで、13時間は取られるわけです。

睡眠時間を6時間程度と短く考えたとしても、19時間。

人間、ロボットではないのですから、時間時間できっちりいくわけもないので、+1時間くらいは余裕を見た場合でも、仕事帰りにアルバイトを出来る時間は、せいぜい3時間くらいがいいところでしょう。

私の住む東京では、最低時給が958円ですが、区切りのいいところで時給1000円貰えるとします。

1000円×3時間=3000円

20日間出来たとして、3000円×20日=6万円

休日1万円貰えるアルバイトにも月に4回出たとして、+4万円

ここまで出来て、税金等考慮せずに考えたとして、やっと本業以外に10万円を手にすることが出来ました。

中には子供の為と思って、これくらい頑張っている人もいるでしょうが、そうでないなら、自分の為の時間は?とか、生きていて楽しい?なんて聞いてみたくなります。

なぜなら自分の過去には、睡眠時間2〜3時間で、正月休みを除いて362日間働いた時期が数年有ったからです。

月収はそれなりに有りましたが、そこまで行くと、楽しみは食べることだけしかなく、今振り返っても、決して楽しい生き方をしていたとは思えないからです。

旅行にも行けず、欲しモノを手に入れたとして、それを楽しむ時間も作れない。

せいぜい普段身につけて見栄を張れるブランド物を購入したりして、満足しているのがオチでしかなかったのです。

ブランドものが好きな人はそれもアリかも知れませんが、私はもう少し時間的余裕が無いと楽しめないことに興味がありました。

ですから、1日の時間のほとんどを使わなければならないような稼ぎ方は、今更したいとは思いません。

ましてや、私が勤めている会社では、先ほどの条件より悪いので、そういう人達人であるなら、+αの稼ぎもぐっと下がるのです。


最近、どこのSNSに乗った記事だったか忘れましたが、会社で配られた新入社員の為の時間の使い方的な表を見ました。

それには、

5時30分起床から始まり、朝食、身支度、通勤を経て、7時30分には会社到着。

8時に仕事を始めて、会社を出るのが22時。

帰宅の為に1時間電車に揺られ、自宅に着くのが23時過ぎで、夕食、入浴などの時間を経て、就寝するのが1時ってwww

もう笑うしか有りませんでした。

これを載せた人は、就職先がブラック企業でしたと書いていた記憶が有ります。

学校を卒業して最初に就職した会社で、すぐに渡された書類にこんなことが書いてあったら、社会って怖え〜ってなって、人生に絶望するしかないと思いませんか?

ましてや、1日の仕事の8時間を越える分の残業のほとんどがサービスなんてwww

月収を時間割したら幾らになるんだよ!とか
アルバイトの方がマシじゃんなんて一瞬思ったりしませんか?

だからこそ、たいしたこともせず、家にいながらたまにダラダラやりながら、月に5000円を稼げることが、凄iいことと感じれるのです。

ましてや、そういった財布を幾つも作れるとしたらどうですか?

5000円×財布の数ですから

2つ持てば、1万円

3つも持てば、15000円

4つなら、2万円

それ以上なら、月に稼げる金額は、その数に応じて増えて行くわけです。

ましてや、それぞれの財布が、5000円から1万円に、1万円から5万円に、5万円から10万円へと入金される財布に育てることの出来る財布だとしたらどうでしょう?

宝くじではないのですから、いきなり1億円が手に入るなんて確率の低い物をばかり狙うより、よほど現実味が有りませんか?

いきなり月収100万円稼げますという話は、とても魅力的に感じますが、どうしても半信半疑にはならざるを得ませんし、私の経験上ありえませんでした。

しかし、月収5000円くらいは稼げますよと聞くと、そんな金額かよwwwと鼻で笑ったり、バカにしたり、何の魅力も感じなかったりしてスルーしてしまいますよね。

ですが、逆に考えたら、それくらいの金額しか稼げないならやろうとは考えないけど

まぁ、実際に稼げるんじゃないの・・・

なんて思いませんか?

たかが5000円だとしても、1年経てば6万円。

その財布が2つあれば、12万円です。

ほんの数年前まで、残業をいくら増やしても、それらはすべてサービス残業とされ、前年より年収で12万円増えたなんてことは考えにくい状態にありました。

ちなみに、ここ最近景気が回復して来たと言われていますが、私の仕事は、未だに変わってりませんorz

ですから、たかだか5000円という金額だとしても、たいしたことをやっていなくての5000円は、とても貴重なのです。

そして、その5000円程度を稼ぐその方法であるならば、難しくは無いだろうと思えるし、その程度なら、短時間でも出来るのかもね・・・なんて思いませんか?


自分は、今そこにいるのです。


5000円の壁も突破しました。


それも、わずかな期間で、たいした努力も、たいした時間も使わずにです。

たかだか5000円を稼ぐ為の方法なので、難しいことは全然ありませんでした。

ですが、5000円の壁を突破出来てしまったのです。

1つのことで、月収100万円を獲得するのは、とても大変な努力と時間が必要で、その道すがら挫折を味わうことだらけでしたが、5000円程度の金額が入金される財布を幾つも持つ方法の方が現実的だなと考えを改めたら、わずかな時間と、わずかな努力で出来てしまったのです。

お金を稼ぐにあたって、上昇曲線を見させられた時があります。

最初は低空飛行でほんのわずかずつ上昇をして行くが、ある時を境に上昇角度が急に変わり始めて、最後には凄いことになるアレです。

以前は、あのグラフを見ていて、何となく納得している自分がいるのに、どうしても0から5000円を生み出す過程や、低空飛行を続ける過程はすっ飛ばして、一攫千金を夢見てしまう自分がいました。

しかし、今はそれを理解し、実践することが出来ています。

今はまだ、低空飛行ながら、0から5000円を生む壁は破りました。

わずかながら、5000円を生む様な財布を5つまで増やすことが出来ました。

この先も、財布の数は徐々に増やすつもりですし、それぞれの財布を育てることもして行いくつもりです。

自分がやっていることが、どこかの時点で急上昇を描く上昇曲線に乗れる期待値は、以前の一攫千金を狙って夢みていた時より、遥かに上がっています。

もしかしたら、わずかでもお金を生み出す財布を、0から1つ、1つから2つ、2つから3つと増やしていたことは、既に上昇曲線の角度を上げているのかも知れません。

今年の終わりには、あの時のことはどうだったのかと、笑いながら振り返れる気がします。

そしてなにより、副業にかける時間とその稼ぎの費用対効果が、その辺にアルバイトに行って稼ぐ時間と、雲泥の差を生んでいることだと実感出来ていると思います。

今日はここまで

私が何をやっているのか知りたい人は、ココをクリックして覗いてみてください。
    ↓ ↓ ↓


























































posted by ニコ at 15:07| 東京 ☀| Comment(0) | お金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

一般人に訪れる「チャンス」の回数は?

中国の上海、深セン両株式市場において、4日の初取引の日に、中国経済の先行き不安から全面安になった模様です。
また、午後1時半過ぎには、今年から導入した強制的に取引を停止する『サーキットブレーカー制度』が、初日から発動されるという前代未聞の自体に陥ってしまいました。

これはどういうことかと言えば、中国の経済が明らかに衰退を始めたことを意味していると思って良いでしょう。

しかし、これは日本経済への影響がまったく無いと言える事態ではありません。

昨年から中国に相当傾倒していたヨーロッパ諸国にとっては、顔面蒼白の事態だということでもあるのです。

AIIBに参加した国々にとっても、判断を誤ったと感じる時期が来るかも知れません。

そんなことから、中国から直接的な影響は限定的と考えていても、中国に関わった国々の影響が、巡り巡って日本にも影響を及ぼす事態にもなりかねないということなのです。

せっかく持ち直しそうになってきた日本経済の腰を折るような事態になれば、遅かれ早かれ一般庶民の財布にも影響が出ることは間違い有りません。

やはり、庶民も自衛手段の一つや二つは確保していなければならい世の中になってしまったということです。


+αの稼ぎに興味がある方へ、一押しの情報です
コチラをクリックして覗いてみてください

   
http://prt.nu/1/お小遣い稼ぎ

これはかなり強力な自衛手段となること間違いなしです。

ご自身の自衛手段として、投資として株をやってみよう、FXをやってみよう、副業はどうかな?などと色々考えるとは思いますが、株やFXについては、常にリスクがついて回ります。

また、本業以外に副業としてアルバイト等をしたとして、いつまでやり続けるのですか?

終わりは見えていますか?

一般のサラリーマンであれば、一度アルバイト等の労働収入で+αの収入を得てしまったら、きっとそこから抜け出せなくなりますよ。

だって、+αの生活水準が、いつの間にか当たり前の水準になってしまうのですからね。

今までの生活に不満が有るから+αの収入を考えたのですから、一度+αされた生活水準から逆戻りすることは、相当な不満が堪ることを覚悟しなければなりません。

かといって、その水準を保としたら・・・

そうです、一生働き続けなければならないことになるのです。

そんな先のことまで考えて、副業を選んでいますか?

たとえ胡散臭いと感じても、+αの稼ぎの一押しの情報です
コチラをクリックして覗いてみてください

   

の内容を理解しようと努力してみてください。

ここには、将来の生活を豊かにするだけのシステムがそなわっているのです。

一生涯苦労して働く必要から解放してくれる内容が詰め込まれているのです。

もちろん最初から何もしなくて良いということでは有りませんが、少しの努力とわずかな実践期間をもって、それが適う可能性があるのです。

ちまちま小銭を稼ぐ為に、一生働き続けなければならない労働収入を選択するのか、それとも、映画やTVなどで見たことの有るような、リッチで人生を楽しく生きている人たちのような稼ぎ方を選択するのかは、あなたの考え方次第です。

bsNAT85_yashitoaoiumi.jpg


今の世の中、一攫千金を手に入れている人たちが増えているのはご存知ですか?

知っているのであるならば、あなたがそうなれないのはなぜですか?

そのことに気が付いてください。

いつまでも自分の常識に捕われていると、その常識の外でしか稼ぐことの出来ない世界に、いつまでも行くことが出来ないのです。

もちろんコレが絶対1番な稼ぎ方とは言いません。

世の中にはありとあらゆる稼ぎ方が存在します。

しかし、その「おいしい」情報というモノが、すべて一般庶民に降りてくることはあり得ないことを知ってください。

「おいしい」情報というモノは、常にお金持ちの間でしか回らないのです。

だから、お金持ちはよりお金持ちになつていくのです。

そして、貧乏人はいつまでたっても貧乏人なのです。

コレを疑ってもらってかまいません。

しかし、コレが、いったいどういうモノなのかと、理解しようとする姿勢をも持たないようなことはやめてください。

これは、あなたにも来た数少ない「チャンス」なのですから・・・

私を含め、一般人には

一生のうちに数回しか「チャンス」は来ません。

もちろんその中には偽物の「チャンス」に見せかけたものも混じっているでしょう。

しかし、それを含めても、一般人にはわずかな数の「チャンス」しか訪れないのです。

ですから、「もしかしたら、チャンスが来たのかも?」とわずかにでも感じたら、真剣に向き合ってみるべきなのです。

やるやらないの最終的な判断は、それからでいいのです。

はじめから斜に構えるのではなく、一度はどういったことなのか素直に理解してみようという気持ちをもってください。

そうすれば、来た「チャンス」に、正確な判断がつくはずですから。

+αの稼ぎに興味がある方へ、一押しの情報です
コチラをクリックして覗いてみてください

   
http://prt.nu/1/お小遣い稼ぎ


  
  
ラベル:金持ち 成功 副業
posted by ニコ at 17:43| 東京 ☀| お金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。