2019年02月27日

ファースト・マン

ファースト・マン



「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが、再びタッグ・・・

確かこれでアカデミー賞監督賞取ってたよね。

でも、あの映画って面白さが良くわからなかった作品だったんで、今回のファースト・マンも期待半分ってかんじだったwww

主演ライアン・ゴズリングが挑んだのが、今回の主役、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロング船長。

派手さは無く、人類初の月面着陸への挑戦に向けて、淡々と仕事をこなして行くような男という姿を演じていた。

ネタバレ有り

しかしそんな男でも、いざ出発の時を迎えると

平常心を保とうとするが、それが出来ない。

理由は分かっている。

家族を残して、帰って来れないかもしれないから・・・

そして、出発前に子供と向き合うシーン。

自分的には、アポロが飛び立つシーン、宇宙空間、月での活動シーンを、現在の技術で、どれ程のモノを見せてくれるのかと期待した映画だったはずだが、それよりも、この子供と向き合うまで、向き合って別れの言葉を交わすまでのシーンが、この映画で一番心に残ってしまった。

そして、ニール・アームストロングの妻、ジャネット役には、1月に見た「蜘蛛の巣を払う女」でドラゴンのタトゥーを背負う天才ハッカー、リスベット・サランデル役を演じたクレア・フォイ。

リスベットとはまた違った魅力で、魅せてくれます。

人類初の難業に挑戦するということで、全てが初めて。

かっこ良く言えば、宇宙や月に行くなんてことは、男の夢。

しかし、そこに初めて挑むということは、帰って来れる保証など無いことを意味する。

なにせ、ファーストなのだから。

そんな彼の夢を最大限応援したいが、心配が払拭出来るわけも無く、本音は行かせたくない・・・

そんな葛藤する姿をうまくく演じていたと思う。

ファースト・マンを見終わって真っ先に感じたことは、もっと宇宙空間、月面でのシーンを沢山見たかったってこと。

「ライトスタッフ」やら「アポロ13」なんかを見ている世代の自分としては、ちょっと物足りなさを感じてしまった。

でも、人間ドラマの部分では、良かったかな。

bsPAK853_yukidokenofuji14065044-4.jpg

しかし、宇宙や月って、どうしてこうも魅力的なんだろう?

行けるものなら1度は行ってみたい!なんてことは、未だに夢みてしまうけど、本当に行けたとして、何も無いというか、なんか面白いことあるのかな?

無重力体験とか、地球は青かった!・・・みたいなことかwww

1度は行ってみたいけど、2度目3度目って思える場所なのかな?

実際問題、地球上にいた方が、面白かったり楽しいことって一杯ある様な気がしてきた。

1回の宇宙旅行と、1000回の世界中を旅して回るのとどっちがいいかな?

どちらも一杯お金が無いと出来ないんだけど、普通にサラリーマンの給料だけじゃ、どちらも叶わないよね。

ただ、最近少しだけ給料以外のことで稼げるようになって来たので1000回の世界巡りは夢のままだけど、今までよりはちょっと贅沢に遊べるようになって来ました。

それは ☞ コレ に出会えたから

行ってみたいところ、やってみたいこと、食べたいものは一杯あるなら、それをリストに挙げてみな・・・なんて、昔言われたこと有ったけど、そんなのやってみたところで叶うわけないってバカにしていたけど、最近は、楽しくなって来た。

だって、リストに上げたところで実現出来っこ無いなんて思わなくなって来たから。

その秘密は・・・ってほどのことでは無いんだけど、☞ コレ で、思えるようになって来ました。

それでも、嘘臭いと疑う人には、コチラをどうぞ






posted by ニコ at 15:13| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。