2019年01月25日

ミスター・ガラス

「ミスター・ガラス」は、「アンブレイカブル」「スプリト」のその後を描いた映画。

監督は、M・ナイト・シャマラン

「アンブレイカブル」は、2000年公開の作品(日本では翌年)というだけあって、内容そのものを忘れていた。

「ミスター・ガラス」を観終えた後に、過去を漁った様な格好になってしまったが、「アンブレイカブル」「スプリット」をもう一度観てからにすれば良かったと後悔。

なにせ、ミスター・ガラスことイライジャ・ブライス(サミュエル・L・ジャクソン)が、「アンブレイカブル」に出ていて、ストーリー上の重要な人物だということすら忘れていたのだからwww

「アンブレイカブル」で覚えていたことといえば、131人の死者を出した列車事故で、かすり傷一つ負わずに唯一生き残った男が、実は超人なんじゃないか?って設定くらいなもの。

主人公のデビット・ダンをブルース・ウィリスが演じていたのは覚えていたけど、メッチャ面白かったって印象すら残っていなかった。

アンブレイカブル公式サイト での作品紹介では、「なぜ、俺だけが?」と思っているところへ、イライジャと名乗る男が現れ、デヴィッドこそ不滅の肉体を持つ者≪アンブレイカブル≫であると告げるとある。

それが、24もの人格をもつ男の映画「スプリット」とどう絡んでくるのか・・・

さすがに「スプリット」は、2017年公開作品だけあって、内容も覚えていた。


引用元 ユニバーサル・ピクチャーズ公式 

これらを、「ミスター・ガラス」を観終えた後に再確認して、改めてなるほどと・・・

これはかなりの後悔である。

出来れば「アンブレイカブル」「スプリット」「ミスター・ガラス」と、3作品を続けて観ることをおすすめする。





bsPAK853_yukidokenofuji14065044-4.jpg

しかし、超人や超能力とかって、男の子だったら一度は憧れの対象になったモノだが、大人になってしまうと、そういった力は画面の中だけの存在と、心の隅の方に追いやってしまう。

元を正せば、夢を見ているってことなんだけどね。

自分にもこんな能力があったら・・・

何をする?

何が出来る?

悪を倒す?www

空を飛びたいwww

まっ、空は飛んでみたいかな。

そして、色々なところへ行ってみたい。

映画を観ていると、世界中の綺麗な風景を見ることが出来る。

しかし、そのサイズ感は、あくまでも劇場のスクリーンの大きさ。

実際に現場に訪れて見る景色は、当然スケールの違ったものであり、感動も大きい。

そんなところへ飛んで行ってみたい。

夢だねwww

ただ、そんな夢に一歩でも近づこうとするには、現実的には飛行機を使って旅行することで実現出来る。

まっ、ドローンが空撮するような景色までは見ることは出来ないが、現地に立つことは可能なわけだ。

映画が好きな自分は、そういったロケ地を回るのも夢の一つ。

サラリーマンとしての給料の範囲では、そうそうその夢は叶わないけど、最近は、そんな夢も叶えられるんじゃないかと思い始めた。

もちろん、金銭的にはOKでも、日本のサラリーマンの悲しい性、長期休暇を取れないという現実はある。

しかし、以前は休暇が取れたとしても、金銭的な余裕すらなかったので、夢のまた夢だったんだよね。

それが最近、自分がそういったことを実現出来うる環境に身を置けたことで、現実味を増して来た。

まだ、いつまでにといったスケジュール感はないけれど、きっと実現する。

そういうことを再認識させてくれた人がココにいます。



胡散臭いと思う人にはコチラ







       


posted by ニコ at 17:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。