2019年01月23日

地獄の担々麺 護摩龍百人町総本山 修羅3号(ハードステージ 30辛)

東京は、大久保駅並びの、地獄の担々麺 護摩龍百人町総本山にて、黒の修羅場 修羅3号(ハードステージ 30辛)食べて来ました。

IMG_4508.JPG

IMG_4413.jpg


1週間くらい前に、初めて訪れた、地獄の担々麺 護摩龍百人町総本山さん。

前回は、どれくらい辛いのか全然想像がつかなかったので、修羅2号(ミドルステージ 20辛)を食べたのですが、自分には辛みがもの足らなくて、今回は修羅3号を頂きました。

前回の黒の修羅場 修羅2号

IMG_4408.jpg

今回の黒の修羅場 修羅3号

IMG_4506.jpg

メニューはこんな感じ

IMG_E4534.JPG

写真では、あまり見た目が変わりませんが、修羅3号は、唐辛子?の刻んだものがドカッと乗っていました。

唐辛子系が好きな自分には、かえって食欲がそそられてしまい、スープをひと回しした後、即実食。

一口目、辛みガツンときて、うま〜いぃぃぃ!

修羅2号(20辛)より、こっちの方が好みかも・・・

なんてことを考えながら食べ進めました。

ところが、半分くらい食べ終えた頃に、あれ?って

あまりにも辛みが強過ぎて、修羅2号の時に感じた、護摩?の何ともいえない甘くてクリーミーなうま味が負けちゃっていたんです。

辛みの度合いは超絶好きな辛さなのに、護摩龍さんの独特のうま味が味わいきれない・・・

そんな感想を抱いてしまいました。

人にも寄るんでしょうけど、私は、護摩?の風味、甘み、辛みを全部あじわえる、修羅2号が1番合っているみたい。

ちなみに、自分は本来担々麺の胡麻胡麻っぽいのが苦手な方なのです。

それなのに、コチラの護摩龍さんの、黒の修羅場はメッチャ美味くて、今、1番好きなラーメン屋さんになりました。

それと、確かに1週間程度前くらいに訪れはしたものの、店長さんが自分のことを覚えていてくれて、『本当にまた来てくれたんですね』って一言。

こんな自分のこと、1度で覚えてくれてるなんて、ちょっと嬉しい。

また近いうちに、修羅2号さん食べに行きますwww


番外

お店を出た後の話

そのまま映画『TAXi ダイヤモンド・ミッション』を観に行って、危ない目にあった・・・

さすが修羅3号(30倍)は伊達ではなかった。

ちょっと映画は無謀かな?って、頭の片隅には浮かんではいたが、どうしても観たかったので、入っちゃったwww

ものの見事に、上映半ばにして、お腹の調子が・・・

その後、何とか無事見終えるも、トイレに直行。

護摩?の甘みで誤摩化されていただけで、相当ヤバい辛さがあった修羅3号さんでした。



でも、こうして好きな食事して、大好きな映画を、回数気にせず思う存分楽しめるようになったのは、副業のおかげ。

会社の給料だけでは、さすがに年がら年中遊び歩くってわけいかないもんね。

そういうことを再認識させてくれた人が


それでも胡散臭いと思う人にはコチラ








posted by ニコ at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

成功のイメージ

自分は昔、ある詐欺にあって、金が回らなくなった末、信販ブラックになったことがある。

今はそれもあけて、カードを持つことが出来ているのだが、今思うと、お金に余裕があった時って、借金返済が終わった後の信販ブラックがあけるまでの期間だった様な気がするんだ。

カードは便利だよ確かに・・・

だけれど、1回払いならともかく、分割やら、リボやらを使い出すと、当然のように毎月の支払いの為に、月の小遣いが減っていくわけ。

まっ、欲しいモノを先に手に入れられているんだから仕方ないことではあるんだけど、それでも月の小遣いが一杯ある人ならまだしも、数万円で毎月やりくりしている人に取っては、少しずつクビを絞めていくことになるんだよね。

当たり前っていえば当たり前のことではあるんだけれど、カードを持てなかった時期は、当然借金してモノを買うことなんて出来ないわけだから、欲しいモノを我慢するか、その金額に達するまで貯金していくかしか無いよね。

そういう時期については、欲しいモノを手に入れられない代わりに、お小遣いにさして困ったことがなかった記憶があるんだ。

欲しいモノに対して、諦めるわけでもなく、小遣いを使い過ぎれば、手に入れるのが先延ばしになるだけ。

だからこの時期は、お酒を飲みに行った回数も、遊びに出掛けた回数も、かなり多かった。

しかし、一昨年までの自分はと言えば、幾つものカードの限度額一杯まで使っていて、クビが回らないほどではないにせよ、色々なことを我慢するだけの自分にもどっていた。

その原因というのが、漠然としたイメージの、お金持ちになりたいとか、自由が欲しいっていう欲望。

その欲望の為に、成功、お金儲けってキーワードのつくモノに、ほんとお金をつぎ込んでしまった。

その結果は、成功なんてほど遠いところに追いやられ、借金まみれの苦しい時期に再突入してしまった。

成功が欲しかっただけなのに・・・

しかし、最近では、お金を作ったり、時間を作るってことは、あくまで手段であって、目的ではないってことがわかって来た。

その手段が、自分の成功の思い描く姿のままでは、いつまでたっても幸せになることも出来ないし、貧乏から抜け出すことも難しいとわかって来たんだ。

漠然とお金持ちになりたいだけでは、モチベーションを保ち続けるにはかなりムリがある。

だから、もっと先に、本当にやりたいこと、行きたいところ、手に入れたいもの、自分がどんな魅力のある未来で過ごしていたいのかを、より明確にしながら日々を過ごすことが大事だと思う。

だって、ちょっと頑張れば手の届く範囲であれば、本当に欲しいモノは、少しの期間我慢してでも手に入れたでしょ?

そして、手に入れるまでの期間がとても楽しかったでしょ。

そういった時の努力は決して苦にならないじゃない。

そういうことを再認識させてくれた人が


それでも胡散臭いと思う人にはコチラ


posted by ニコ at 18:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

凄い人に会わせてあげる・・・って言われたこと無い?

凄い人に会わせてあげる・・・って言われたこと無い?

自分は、これまで何十回となくあって、そういった人を何人も紹介されたことがある。

今から思えば、そういった人達のほとんどが、創業者とかじゃないんだよね。

一番多かった種類の人が、MLMで成功してるって人。

まっ、人を繋げる為の常套句でしかなかったんだけれど、本心から言えば、その人達が凄いって一度も思ったことが無い。

だって、何かを生み出した人達って訳でもないからね。

ただ、セールスの達人だったとは思う。

最終的にセールスされた時に、その商品が気に入れば買ってしまうし、もしかしたら儲かるかもなんて、欲もかいたり・・・
でも、1度として成功したことが無い。

当然と言えば当然かな。

欲はかいたけど、人を繋げてセールスするって、自分が一番苦手にしていることなんだもん。

面倒臭がりだし、仲のいい友達なんかもわずかで、上辺だけでの集まりなんかには、腰が重くなるタイプなんだからwww

人は変われるってよく言われるけど、あわよくば程度で、本当の本気で変わろうと努力すらする気の無い人間に、それは無いよね。

海外旅行に行きたいなー

大きな家が欲しいなー

ランボルギーニ乗りたいなー

自由が欲しいなー

お金持ちになりたいなー

成功したいなー

って、モヤっとしている夢みたいなモノはあるけど、ソレを現実に出来るって、ちょっとした海外旅行くらいなもので、本気の本気になったって、何をしたらいいかなんてわからなかった。

・・・今まではね。

自分に取って何が大事なのか

何なら出来るのか

初歩の初歩の第一歩目は

そんなことからアドバイスくれた人に去年出会えた。

かなりの苦労人で、生み出す側の人。

セールスも巧いけど、

人の喜びを自分の喜びと思える人。

そう思わせてくれた人は




それでも胡散臭いと思う人にはコチラ





posted by ニコ at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする