2018年04月06日

仮想通貨、ICO

昨日のオンラインセミナーは、内容が濃くてかなり為になりました。
今、巷では仮想通貨は終わったと言う話と、いやいやまだまだこれからだよという話が、日替わり弁当のようにコロコロ変わって、何をどうして良いのか迷ってしまいますね。

こんな時は、情報に踊らされないように、一旦離れようと考えるのも手では有りなすが、昨日のセミナーの内容を知ると、あぁ、なるほどと腑に落ちてしまいました。

その内容は、決して貸そう通貨を煽る様な内容ではなですが、もうこの流れは止まらないということがはっきりわかりました。

世界には仮想通貨以上に信用の無い貨幣が沢山存在しています。

輪ゴムに止められた、大量に束ねた紙幣をもっていかないと、パンの一切れも買えないなんて国が有るのを、何かの動画で見たことが有るのですが、毎日毎日その貨幣の価値は下がるなんて世界で暮らしていたら・・・

自国通貨を信用出来ずに、他国の通貨を自国通貨の代わりに流通させているなんて国が有るのも聞いたことが有ります。

もしです、そんな国の人達が、自国通貨に頼らないで生きるとしたら?
環境が整ってしまったとしたら?
お札を刷ることも、コインを発行することもせずに、お金の代わりになモノと考えたら?

未来を想像すると、仮想通貨は・・・

納得してしまいました。

bsC785_orange-no-tokachidake-1.jpg

また、この先 AI が発達して来るとどうなるのかという未来についても、愕然としてしまいました。

なぜなら、少し前の花形職業でもあった、銀行、保険等の職業ですら、多くの人員がいらなくなり、リストラが既に始まっていると言うのですから・・・

確かに、銀行の業務で思い浮かべれば、ATMがあれば、出し入れや送金なんかにも人員はいらない。

各種手続きなんかでも、オンライン済んでしまいますし、カード発行なんかも、銀行内の小さなboxの中で終わってしまった経験も有ります。

インターネットバンクのように、店舗をもたないで成立してしまうモノも、今では当たり前。

では、自分が勤めている会社の環境ではどうなんでしょうか?

10年後には、自分がそこで今までと同じ業務内容で雇われていられる保証は有りますか?

自分は、今と同じで働けている自信が無いです。

どうにかしなければと焦る気持ちはあるけれど、時代の流れはかわりません。

いまから少しでも対策をと始めたのがこれです。

   ↓↓↓ ココをクリック

前回のブログで、自分がどんなことをしていてこれにたどり着いたかは書いてありますので、もし気になったら、4月5日限定の話を読んでみてください。



ラベル:ICO 仮想通貨
posted by ニコ at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。