2015年04月18日

2020年ころに無くなる職業とは?

2020年 東京オリンピックを控え、失われた時間を取り戻すがごとく、日本は 景気回復⇒好景気の波に乗ろうとしているのですが…


一部にささやかれている、富裕層とそうでない者の格差が増々開くとの見方は正しいのか?


景気の波に乗れる、乗り遅れる、乗れずに溺れる人たちとは、どんな職業についているのかで、明暗が分かれるようです


以下は、2020年頃を境に『無くなる職業』と予想されているモノです


レジ係 電車の運転士・車掌 新聞配達員 郵便配達員 通訳 プログラマー 

レンタルビデオ 小規模農業 ガソリンスタンド 大手電力会社 コールセンター 

専業主婦 中有間管理職 仲卸業者 一般事務 訪問型営業 教員金型職人

工場労働者 証券・不動産ブローカー 交番の警察官 フィナンシャルプランナー

生保レディ 日本人の取締役


完全に無くなるって事は無いでしょうが、でも、すでに至る所で人を介さないで完結してしまっている場面もチラホラ見えます


自分が関わってない内は、技術が進んだんだなぁ〜で、済んでいるのですが、その業種についている方達に取っては、死活問題です


明日から○○が導入されます…なんて、急に会社に告げられた日には、いつ仕事を取り上げられるかわかったものではありません


名称未設定.png


便利な世になる反面、就ける業種も減る事に意識を向けていないと、将来がくらいモノになってしまいますし、自分が働いている会社が、斜陽産業と気づいているにも関わらず、ソコにしがみついているのでは、決して豊かにはなれないのです


情報は、金持ちの方から先に流れていくのが世の常

一般に降りてきたたときには、もう既に使い古された情報であることが多く、先行者利益を受ける事が難しい世の中なのですが、毎日をただダラダラと過ごしてしまうのではなく。常にアンテナを張り続ける事によって、それらをいち早く発見する事も可能ではあります


今、このブログを読んでいることでさえ、数多とあるブログの中から、ご自身のアンテナに引っかかった獲物とも考えられるのではないでしょうか?


+αの稼ぎに興味がある方へ、一押しの情報です
コチラをクリックして覗いてみてください

   
http://prt.nu/1/お小遣い稼ぎ





こちらもお願いします。






posted by ニコ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。